高濃度ビタミンCのガン治療について

高濃度ビタミンC点滴は、疲労回復や美肌効果、アンチエイジング効果など、さまざまな症状に効果を発揮しています。


この点滴治療の作用に、ガン治療に対する作用があります。

これまで数十年にわたって高濃度ビタミンCを用いたガンの研究が進められてきました。

発表当初は否定的な意見があり、あまり注目されることはありませんでしたが、2005年にビタミンCががん細胞に効く、という発表がなされたことによって、再び注目を集めました。

高濃度ビタミンCを用いた、高濃度ビタミンC点滴療法が近年注目を集めていますが、これは現在行われている手術や放射線治療を始めとするガン治療に対してより良い効果を得る一助として、また副作用の軽減を目的とした補助療法として行われています。

高濃度ビタミンC点滴療法に期待される効果に、ガン細胞を死滅させる効果、副作用を抑える効果、ストレス緩和効果、そして免疫力を高める効果などがあります。

あなたの期待に応える梅田の美容皮膚科を調べるなら最新情報が集まるこちらのサイトがオススメです。

この治療は多岐にわたりガン治療を支えるものとなっています。

治療法として、頻度は週2、3回程度で、1回で大体50グラム以上のビタミンCを投与します。
投与量によって点滴時間は異なってきますが、おおよそ1時間程度です。

NAVERまとめの珍しい情報をご紹介しています。

ガンが完全に消滅したという段階になると、徐々に治療回数を減らしていく、という方法です。この治療法は今も研究が行われています。

今後この研究が進んでいくと、この治療法はさらなる効果をもたらすことを期待されています。